仁徳天皇陵一周

寂れたベンチ、水飲み場

旧白菊高校を通り過ぎ、またしばらく行くとこんなベンチがあちらこちらに点在する。いいったい(^^;いつ作られたのかわからないくらい寂れたベンチ。木の風化が年代を感じさせます。レトロ家具で売れるかな?おそらく40年~50年は経っているのかと。
古びたベンチ

今回の一周旅行もすでに後半に差し掛かり、さっきスタートした地点まで500mだ。
あと500m目印

その横には何と!

「み・ず・の・み・ば」がぁ~~んっと。。

水飲み場が!夢か幻か、突如出現した砂漠のオアシス!
おお~ペットボトルのドリンクも持参せずにこの長旅を計画した私があさはか(思慮が足りず軽率なさまなどを意味する表現)だったのは間違いないが
喉が結構乾いていたのだ~!!

が、しかし、なんせ世界遺産に登録を計画しているほどのビッグプロジェクトを担っている仁徳天皇陵さん!まさかとは思いますが、どうなんですか?出るの?わかってるでしょ?

あれあれ。出すもん出せよってんだよ~~・・・・

いきり立てたところで、これもまた寂れた感はぬぐいきれない蛇口、蛇の口だよ。このさびれた蛇口からは絶対水は出ないだろうと思いつつ蛇口をひねる、しかも全開だぜ、全開にしてやってあげたのに・・やっぱり水は出なかった。期待通りで感激だよっ!


オアシスでーす

蛇口の下にあった赤いマフラーのパンダ?が笑っている。。
パンダちゃん大好き


水飲み場のあと、銅亀山古墳発見

突如現れたoasis=水飲み場を後にしてしばらく行くと右手にゲートボール場らしき広場が出現。これも突然だ。

「コツン」「カツン」と球を弾く音とともにおじいさんおばあさんが楽しそうにPLAYしていたが、私も行く末はこんな感じなんだろうかと思うと妙に寂しくなるので写真だけとって足早にさらりと通過する。
gateball
しかしゲートボールってのは真夏の真昼間でもやっておられるのを見かけますが大丈夫なんですかね?熱中症とか、絶対やばいよあれ。

その後50mほど行くと右手に銅亀山古墳と呼ばれるそれらしき塚がつかつかと現れた、これも見た目はただの小山である、詳しく調べると一辺26m、高さ4.6mの方墳で、古くは堂亀山とも記されていたようです。
銅亀山古墳

あと350mだ。あと少し。
あと少し

そう、ここ仁徳天皇陵のすぐ横に大阪女子大が隣接しているのである、そういえば友人に呼ばれて学園祭に遊びに行った遠い記憶が・・・・・
現在は大阪府立大学として統合されたようです。
女子大




最終コーナー立ち上がり、残りわずか

女子大の看板を通り過ぎいよいよ最後の直線。やっと大通りに帰ってきたか・・

あ〜やっと帰ってきた感じがしてなんだか感激、実際こんなにじっくり見て周ったのは初めてなので多少の発見もあり、よい運動になってしまいました。
銀座通り

ふと横を見ると右側は大仙公園といってとっても広い公園になっています、シンボルの「平和の塔」
平和の塔
大仙公園の中にも小さい古墳が沢山あるんですよ。
古墳
ため池

リナの初夏に訪れた仁徳天皇陵一周の旅でした。
初夏のつぼみ