まずはじめに。。灯台下暗し

まずはじめに。。

私が幼いころから、ごく普通に存在する仁徳天皇陵。現在は大仙陵古墳というそうですが、世界遺産登録へ向けていろいろと活動も始まっているようですがどうなるのでしょうか??気になるところではありますが・・

ずいぶん昔の話ですが、幼稚園の遠足で訪れたり、また最近ではお花見に来ることはあったが、堺に住んでいるものの、ごく普通に存在する仁徳天皇陵。

よく考えてみれば、昔小学校の教科書で習った、この前方後円墳はエジプトのピラミッド、中国の奏の始皇帝陵と肩を並べるほどの、というか面積では一番大きく、世界三大墳墓と言われているそうだ。

5月25日、天気も非常に良く、初夏そのものである。

今日はこの大きな仁徳天皇陵をママちゃりで一周してみようと思い、デジカメをさげて家を出た。

初夏の風に吹かれてスタート地点到着

家を出て約5分。JR阪和線の百舌鳥駅を北から南方向へ渡り300mほどチャリンコを走らせると左手に大仙公園、右手に仁徳天皇陵の外堀と外周路の石畳が目に入ってくる。

初夏の風はマジ気持ち良い♪
チョッとしたサイクリング気分で仁徳天皇陵の正門?に到着。
仁徳天皇陵正門?
はたしてこれを正門と呼ぶのだろうか?
横に注意書きがあったのでついでに一枚。
注意書
この注意書きの右端には百舌鳥耳原中陵とある。
実はこの近所に「耳原病院」という病院があるんですが、その病院の名前の由来はこの耳原だったんですね、初めて知りました。

注意書きの横には小屋があり、中にいる管理人らしきおじ様たちがこっちをじろじろ見ている。
とりあえず愛想よくニッコリしながら場所を移動することにした。

現地点は古墳の南側中心部。
ここから反時計回りに一周の始まりです。



記事一覧